みなもちゃんと水素職人.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

株式会社ウォーター・インスティーチュートメンバーのブログです

「水素」が決めて? - 宇宙の生命体 -

こんにちは、みなもです。

f:id:minamotosuiso:20170414180110j:plain

今日のニュースで、ご存知の方もあると思いますが、

土星の周りを、33時間ほどで公転している衛生

エンケラドス で、「水素分子」が検出されたことが

話題になっていますね。

headlines.yahoo.co.jp

発表では、「水素が見つかっただけでなく微生物が

生きられるレベルの量があることが分かった。・・・」

とあり、生命の存在が期待されるようです。

 

このように、宇宙規模で、生命の存在を語るときは、

決まって、「水」や「水素」が、あるのかどうか

ということが、とても重要な意味をもって

議論されるのに、どうして地球上の生物においては

「水」や「水素」の存在が、それほど

大きな問題として、とらえられないんでしょう?

と単純に思うのです。

こうしたニュースが発表されると、改めて、

やっぱり

生命にとって「水素」は

無くてはならないもの

なのだと、なんだか勇気が湧いてくるのです。

 

今日も、最後までお付き合いいただき

ありがとうございました。

 

土星衛生#エンケラドス#水素#水素分子#水素水

#サイモン#二代目水素バカ#水素職人 

「水素」が決めて? - 宇宙の生命体 -

こんにちは、みなもです。

今日のニュースで、ご存知の方もあると思いますが、

土星の周りを、33時間ほどで公転している衛生

エンケラドス で、「水素分子」が検出されたことが

話題になっていますね。

headlines.yahoo.co.jp

発表では、「水素が見つかっただけでなく微生物が

生きられるレベルの量があることが分かった。・・・」

とあり、生命の存在が期待されるようです。

 

このように、宇宙規模で、生命の存在を語るときは、

決まって、「水」や「水素」が、あるのかどうか

ということが、とても重要な意味をもって

議論されるのに、どうして地球上の生物においては

「水」や「水素」の存在が、それほど

大きな問題として、とらえられないんでしょう?

と単純に思うのです。

こうしたニュースが発表されると、改めて、

やっぱり

生命にとって「水素」は

無くてはならないもの

なのだと、なんだか勇気が湧いてくるのです。

 

今日も、最後までお付き合いいただき

ありがとうございました。

 

土星衛生#エンケラドス#水素#水素分子#水素水

#サイモン#二代目水素バカ#水素職人 

ツユクサ - 今日の誕生花 -

こんにちは、みなもです。

今日 4月12日 の  誕生花は

ツユクサ です。

学名:Commelina communis

f:id:minamotosuiso:20170412114713j:plain

ツユクサツユクサ

別名:ボウシバナ(帽子花)

 原産地:日本・東アジア

 

朝咲いた花が昼しぼむことが朝露を連想させることから

「露草」と名付けられたという説がある。英名の Dayflower も

「その日のうちにしぼむ花」という意味を持つ。

古くは「つきくさ」と呼ばれており、この「つきくさ」が

転じてツユクサになったという説もある。

花弁の青い色が「着」きやすいことから「着き草」と

呼ばれていたものと言われているが、『万葉集』などの

和歌集では「月草」の表記が多い。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%A6%E3%82%AF%E3%82%B5

Wikipedia より

 

学名の「Commelina」は、オランダの植物学者

ヤン・コメリン(Jan Commelin )とその甥で植物学者の

カスパルコメリン(Caspar Commelin)の名前にちなみます。

 

花期のツユクサを乾燥させたものを漢方では「鴨跖草(おうせきそう)」

と呼び、解熱や利尿作用などの効果があるといわれています。

また、湿疹やあせもにも効果があり、浴剤としても使われているようです。

 

花の青い色は、昔は布や和紙を染めるのに使われていましたが、

水にすぐ溶けてしまうことから、その性質を利用して、

友禅の下絵を描く染料として使われるようになりました。

染料にするには大量の花が必要になるので、実際には

大型の栽培変種、オオボウシバナの花びらが使われるそうです。

 

花言葉:尊敬・なつかしい関係・恋の心変わり

 

「尊敬」は、澄んだ青色の花から連想された花言葉です。

「なつかしい関係」は、身近なところに咲き、昔から愛されて

いる野草という親しみを込めたといわれています。

一方で、「恋の心変わり」は、朝に咲き夕方にはしぼんでしまう

花の姿に、恋の儚さが重なってたとえられたといわれています。

 

見た目にも、ほっそりと可憐で、短い命のこの花に、

「露草」と、名付けた古の人に、はかないものを

愛おしむ、慈しみの心が感じられるように思います。

 

今日も最後までお付き合いいただき

ありがとうございました。

 

ツユクサ#露草#今日の誕生花#水素水#水素

#サイモン#二代目水素バカ#水素職人