みなもちゃんと水素職人.com

みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

株式会社ウォーター・インスティーチュートメンバーのブログです

『水素水』は、みーんな『高濃度』 その2

みなさま、こんにちは。
水素職人、さいとうです。

水素職人2

さて、前回

”『ppm』とは「100万分のいくら」の比率を表す数値”

と書きました。

minamotosuiso.hatenablog.com

「100万分のいくら」って、「少なっ!」って驚かれました?

とっても、とっても、微細、微細な数値なのです。

身近なお金に例えたら、

1000円に対して、0.001円です。 千分の一円です。 『一厘』です。

株式市場に明るい方ならば、『厘』も考え方にあるかと思いますが、
一般生活では昭和28年の端数計算法律成立以降 使われなくなった数値です。

なんで、そんなに微細な数なの?  『果汁100%』みたいに、濃くすればいいのに!

当然のご意見でございます。

 

しかしながら我々の住むこの世界、様々な『決まり』がございます。

水素が水に溶ける最大の量を『溶解度』と言いますが、

我々が 一般的に普通に暮らしている世界、

『1気圧下で 且つ気温20数度くらいの世界』では、

『溶解度』は 決まってしまっているのです。

「え? どれだけ?」 「なんで?」

「だれが決めたの?」など疑問におもっていただくと幸いです。 が、

今回はここまででございます。

 

今回のおさらいです。

”水素が水に溶ける量には上限がある”

では、また次回 楽しみにしていただけると嬉しいです。

続きはこちら、

『水素水』は、み-んな『高濃度』 その3 - みなもちゃんと水素職人の日記

 

広告を非表示にする