みなもちゃんと水素職人.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

株式会社ウォーター・インスティーチュートメンバーのブログです

15年の歴史から見えていること

仕事のこと 水素水のこと

f:id:minamotosuiso:20160621085445j:plain

こんにちは、みなもです。

 

さて、「水素水スティック」を

『みなもとスティック』にリニューアルしてから、

ほぼ半年が過ぎました。

お蔭様で

「今度のは、凄く水素が出ているのがわかりますね」

とか、

「キャップを開けるとき、水が勢いよく溢れて、

ビックリしました!」

など、いろいろ嬉しいお声をいただいて、

皆さんに喜んでもらえたことに、社員一同

ホッと胸をなでおろしています。

 

もちろん、研究と試飲を何度も繰り返して

ようやく、送り出した製品ですから

「これまでより、優れた製品になっている!!」

って自身はありました。でも、やっぱり

お客様から、直のお声を聞かせてもらえると、

「本当に、喜んでもらえて良かった~」

安心できるのです。

 

なので、

お手元に「アンケートハガキ」が届いている

あなたも!(笑)

簡単でもいいですので、

是非、ご意見を聴かせてくださいね!!

 

その、 “お客様の声”で振り返ってみると、

この「水素水スティック」を秀光先生が初めて

この世に出された時から、15年間、弊社が

この製品を出し続けてこられたのは、

みな様からの、いろんなご意見に支えられ、

育てていただいたからこそなんだと

改めて思います。

 

製品として不十分な点があった時は

厳しいお叱りをいただいたこともありました。

 

賢司代表に引き継がれた後は、特に

本格的な計測機器も導入して、

水素職人 さいとう が、厳しい目を光らせて

「水素の溶存量」や、使用期限をチェックしながら、

製品の改善に努めるようにもなっていますが、

 

秀光先生の時は、ご自身の「水素水」の研究に

強い自信をもっていられたので、先生の勧められる

飲用方法を十分に実践しないで、

「水素水」の作用について、

疑いの目で見る方にたいしては

「そんな人は、飲まなくてよろしい!!」

と、バッサリ切り捨てられるので、みなもも

ハラハラしたりしたこともありましたけど(笑)

その厳しい言葉の裏側では、

「水素水スティック」として、

ちゃんとした製品を提供できるように、

製品の性能自体については、

お客様からの声も取り入れて、その都度

改良するように、努めてもこられたのです。

 

何より大切なことは、

「水素水スティック」を利用されている方に

副作用の生じることがなかったことで、

それが、この製品が15年もの間、

みなさまに愛用してもらえた

大きな、理由なのかな、と思います。

 

先日からの、報道で

「水素水」はただの水 とか

疑似科学」とか、

プラセボ」効果とか言われて、

長年ご利用いただいている方の中にも

不安になってしまわれた方もあるかもしれません。

 

でも、「プラセボ効果」について、調べてみると、

プラセボ」(偽薬)を使った実験で

-“頭痛が治った”などの、感覚的な変化だけでなく、

血液検査など「科学的」に調べた結果でも、

反応が出る場合がある -

という報告もあるのですから。

 

もちろん、私たち販売業者はちゃんと

法律を守らなくてはいけませんが、

 

あなたが「水素水」を飲み続けて

何か“良いこと”を感じられて、

それで、‟毎日が元気” でいられるなら、

それが

あなたにとって、大事な “真実” で、

そのことを

正しいとか、正しくないとか

他人に決めらる必要なんてないでしょ!?

って、みなもは、思います。

 

最後に、秀光先生がいつも引用されていた

アメリカの全人医学会初代会長

G・T・マクガリー博士の言葉を

ご紹介します。

「治癒をもたらすのは病人自身である。

すなわち、病人のうちなる医師である」

 

今日も、最後まで読んでくださって

ありがとうございます。

 

広告を非表示にする