みなもちゃんと水素職人.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

株式会社ウォーター・インスティーチュートメンバーのブログです

『敬称』

みなさま、こんにちは。

水素職人、さいとうです。

f:id:minamotosuiso:20160518124309j:plain

 

さて、今回のお題「敬称」ですが、
わが社では、通常「名前」+さん で呼び合っております。

 

林社長 とか、 林代表 とかは 対外的に使う場合のみでして、
別会社のひとが同席されているときとか、
社外に出ているときには、

「代表。 例の香港の件ですが、、、」ってな感じで
会話を始めます。

 

 

 

でも、社内では、肩書きも、苗字も使いません。

 

なので、私が社長を呼ぶときは、

「賢司さん」と呼びかけます。

賢司さんも私を呼ぶときは、

「えいじさん」と呼び返します。

 

最初のころはなんとなくこそばゆくもあったのですが、
慣れてしまえば、オンオフの切り替えが分かりやすくて
楽なものです。

 

「さん付け」で呼んでいるときは、業務上の大事なこと。

ない場合は、プライベートトークといった感じです。

water-institute.org

 

 

 

 

 

でも、最近新しい敬称が増えまして、
みなさまもご存じな、「職人」と呼ばれています。

 

ハンドルネームでもありませんが、

林が、「二代目水素バカ」

そして、「みなもちゃん」

私が「水素職人」です。

 

 

 

 

私も一人称が「職人」になってきていますので、
自意識も変わり、なかなかおもしろいですね。

 

外部の人でも、良く面会される人は慣れたもので 
私を「職人さん」と呼ぶ方もいらっしゃいます。

 

他社にはない、敬称。
なかなかいいものですよ。

 

 

 

 

おっと、隣の部屋から、また私を呼ぶ声が、

「職にーーーーーん!」

 

 

 

 

 

 

では、私も、呼び返してから席を立ちますか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、

 

 

 

 

 

「何か御用でしょうか? バカ

 

 

 

 

 

いやいや、これはダメですな、、、、、

広告を非表示にする