みなもちゃんと水素職人.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

株式会社ウォーター・インスティーチュートメンバーのブログです

『水で死ぬ!!』

水素水の父 秀光博士の言葉

f:id:minamotosuiso:20160711180600j:plain

こんにちは。みなもです。

 

さて、先週のブログで、お話しした 

飲み水 について。

f:id:minamotosuiso:20160711102114j:plain

確かに、日本では、上水道の普及率は

98.7%(2014年)に 達していて。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000122560.pdf

蛇口をひねれば、” 衛生的な水 ”を

飲むことができます。

上水道を 整備し 管理されている、各事業体では、

私たちに、より安全で、美味しい水を、届けられるよう

日々、ご苦労されていることは

とっても、有難いことだと思います。

ですから、

 

『水で死ぬ!!』

なんて、まあ、秀光先生とは、

物騒なことを言われたものだな

と、思われる方もいると思います。

 

でも、その、”衛生的” な水を配水するために

「水道水」は、塩素で殺菌されていることは

みなさんも、ご存知ですよね!?

 「水道法」では、

「給水栓における水が、遊離残留塩素を0.1mg/l

(結合残留塩素の場合は、0.4mg/l)以上

保持するように塩素消毒をすること。」

と定められています。

 

なので、東京や大阪で普及している

オゾン殺菌を利用した、

高度浄水処理を導入していても、

蛇口から出る水に、塩素が含まれている

ということには、変わりはありません。

 

塩素は、水中の有機物と反応すると、

トリハロメタン という

発がん物質が、できてしまいます。

 

その他にも、水道水中には、

本管から、各家庭に配水している

古い給水パイプから溶け出す、

鉛など、多くの有害物質が含まれていて、

体内の、腸内微生物を痛めてしまう

と、言われています。

 

先日、秀光先生と長年

協同研究をされていた

協和病院の河村名誉院長先生に

お話しを伺ったときには、

河村先生も

「水道水は毒水なんだから!」

と、仰っていました。

f:id:minamotosuiso:20160711101759j:plain

f:id:minamotosuiso:20160711101742j:plain

なぜ そう言えるか、それは、

飲み水を「水道水」から「水素水」に

変えた多くの人に、明らかに、

好ましい ” 変化 " が 

あったからです。

 

秀光先生は、数年にわたる

河村先生との臨床観察を経て、

-人間の体の70%を占める「水」こそが、

その存在の決定的な条件である ー

として、飲み水 の 重要性を

訴えられた。

その、凝縮した 思いが、

『水で死ぬ!!』 に

込められているのです。

 

今日は、ちょっと、熱くなってしましました。

最後まで、おつきあいいただき、ありがとうございます。

 

#水素水

 

 

 

広告を非表示にする