みなもちゃんと水素職人.com

みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

株式会社ウォーター・インスティーチュートメンバーのブログです

『職人 ご指名』

こんにちは。

水素職人 さいとうです。

f:id:minamotosuiso:20160518124309j:plain

 

さて、

今日も今日とて、計測などをしている私でございます。

 

ORP計をメンテナンスしなくては、

とか、

新しいセラミックボールの性能を試さなくては、

とか、

あ、あの実験の経過写真を撮らなくては、

とか、

 社内では、そんなことをしておりまして、

社外との連絡は主に、工場や、仕入れ先などになっております。

 

 

お客様との交流は少なめの私でございますが、

先日、お手紙を頂戴しまして
(宛先は林(水素バカ)、ウチの代表でしたが)

それによると、

 

ペットボトルで作った水素水、

いざ、飲もうとキャップを開けると、

「プシュ」っと水素が漏れる音が聞こえる。

この漏れている水素も「もったいないので、吸いたい」

ので、なにか、工夫を施したあらたなキャップを作れないだろうか?

 

というご希望。

 

なんたる、熱心さ!

ここまで、水素を無駄にしたくないという姿勢。

それに何とか報いたいとおもい、
ちょっと、調査と工具の用意を。

 

 

 

んー、ペットボトルをペットが飲めるように使用するものを利用して、
発生する水素ガスだけ、バイパスできないかな? とか
かんがえるんですけど。
それをゴム管に通して、とか考えるけども、うーん、水素ガスがどこを経由するのか予測が出来ないですね。

 

発想の転換! 
プシュっと漏れてしまう水素も、出来るだけ水に溶かしこめるように
ご案内をしましょう。

手軽にできるのは圧力です。

ボトル内の圧力を上げるために、
なるだけ、空気をボトルから追い出していただきましょう。

そんな案内をブログから抜粋して、郵送することにします。

 

気になった方は、過去ブログをどうぞ。

『水素水』は、み-んな『高濃度』 その3 - みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

広告を非表示にする