みなもちゃんと水素職人.com

みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

株式会社ウォーター・インスティーチュートメンバーのブログです

『好きな円柱』

みなさま、こんにちは。

水素職人、さいとうです。

f:id:minamotosuiso:20160518124309j:plain

 

さて、今日は 私の好きな道具について。

『逆作用』 - みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

ピンセットが好きだと、先日書いたのですが、
今回は、メスシリンダーについて。

f:id:minamotosuiso:20160713141318j:plain

これです。

 

たいてい、小学校で、みなさん初めてみるのではないでしょうか?

いまでも、いるのでしょうね、「先生、雄シリンダーは?」ってなヤツ。

いやいや、水素バカ 君の事ではないよ。 
生粋の関西人だね、ホントに。 ボケてくれなくていいから、、、

 

 

まぁ、当然な発想だと思います。
アルジェリアとナイジェリアとかもね、

 

 

で、メス シリンダー ってなんなのというと、

語源はドイツ語なんですね、

Messzylinder って書きます。

Messが「測る」

Zylinderが「円柱」ですね。

 

シリンダー。 私の好きなエンジンを構成する部品名でもありますが、
それはまた別の機会に。

 

計測する円柱 ってなもんで、メスシリンダーです。

 

水量(容積)を計測するなら、目盛りに対する、表面積が
小さければ、小さいほど 正確性は増すので、
もっと「細い」もので測るのですけど、

 

なんかね、たたずまい が好き。

計測する道具なのに、上部に、「±2ml」って誤差を表記してしまう
潔さというか、「まぁ、だいだいの目安ではかってくださいよ」という割には
ありすぎる存在感。

これがあると、「実験」って感じになるな、と子供のころから思っていました。

だから、なんか好き なんですね。

 

さて、今日はこんなところで。

 

 

英語だと、Graduated Cylinder っていいます。
Graduatedは そのまま「目盛り付きの」って意味合いです。

英語で「Mess」って
「よごれ」とか「混乱」とかのネガティブ語ですもんね。

 

 さて、ここで「問」です。
写真にある、メスシリンダー、目盛りいっぱいまで水を入れています。
その水は、右にある ビーカーに全部入りますでしょうか?

答えは次のブログで、

広告を非表示にする