みなもちゃんと水素職人.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

株式会社ウォーター・インスティーチュートメンバーのブログです

海のなかに生まれた、原始細胞

こんにちは、みなもです。

f:id:minamotosuiso:20160711180600j:plain

秀光博士 の 著書より ご紹介する

はじまり の 言葉 

 

「細胞の中には、海が広がっている」

 

f:id:minamotosuiso:20160727154735j:plain

 

 ー 生物の祖先は、太古の昔に

   海の中で生まれました。

   おそらくは 丸裸に近い形で

   水にただよっていた 原始生物は、

   やがて海から地上に上がったとき、

   その細胞が いつのときも、

   海の水に囲まれ 満たされている、

   という 生存条件を 守るために、

   自らを 細胞膜で 取り囲んで、

   その中を、海の水で満たしたのです。 - 

 

「 そうして、考えてみると、

私たちの細胞は 今も

“ 海の水 ” に満たされている

ということにまります。

夢想をひろげれば、

細胞とは 海の ミニチュア だ

という気もしてきます。」

 

『水で死ぬ!!』 ー 林 秀光著

1990年出版 より 

 

今日も、最後までお付き合いいただき

ありがとうございます。

 

 

 

広告を非表示にする