みなもちゃんと水素職人.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

株式会社ウォーター・インスティーチュートメンバーのブログです

0.83 『ぼくの好きな先生』その4

ことばの解説

みなさま、こんにちは。

水素職人、さいとうです。

 

 

さて、今回は最初にもどって、

0.83という数字について。

minamotosuiso.hatenablog.com

最初に、中学校の先生にこの数字を教わりましたとかきました。

「0.83」、

これは、

人体の比熱容量でございます。

 

当時は、単に「比熱」って教わりました。
いまでは、「非熱容量」と呼ぶのが主流です。

 

これ、ある物質の1gを1℃上げるのに、必要な熱量を表しています。

 

数字が大きくなれば、なるほど、その物質を温めたり冷やしたりするのに
大きな熱量が必要になるという意味です。

 

ちなみに、「水」は、液体の中では最も比熱容量が大きく、
4.186J/g・K となります。

1gの水を1℃上げるのに、4.186Jの熱量が必要であり、
これを1カロリーと呼んでいました。

 

人間は1℃上がるのに、

0.83Jだけ必要に対して、水はもっと、「温まりにくいし、冷めにくい」ってことです。

 

この差が、温度を下げるってことになるのですけど、

 

ちょっと、今回はこの辺で、
ちょっと、外出してきます。

 

続きは、また明日。

広告を非表示にする