みなもちゃんと水素職人.com

みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

株式会社ウォーター・インスティーチュートメンバーのブログです

生物生存の原理 -秀光博士語録

こんにちは、みなもです。

f:id:minamotosuiso:20160711180600j:plain

先の ブログ で

「自己保存」 「種族保存」 の 原理

という 話をしました。

 

単語で書くと、ちょっと 難しい感じがするでしょうか・・・?

でも、それは、だれもが日常的に、無意識に 

行動している事だといえるのです。

 

もし、あなたが、うっかり 熱いお鍋の蓋を 素手で取ろうとして

ヤケドしそうになったら、とっさに、手を引っ込めて、

「鍋つかみはどこ?」と探すでしょう?

 

また、あなたが 子どもと海や川で遊んでいて、

もし、子どもが溺れそうになったら、なんとしてでも

助けようとするでしょう?

 

「自己保存」「種族保存」、そしてさらに「進化」とは

 

秀光博士の言葉でお伝えすると

 

-これは、生物の生存を支えている根本原則

すなわち 「生物生存の原理」であります。

 

私たち一人ひとりが、常に自分の健康と長寿、

家族や子孫の健康と長寿、および進歩発展幸福

を願って生きているということを意味します。

 

そして、この原理を突き詰めますと、

☆生物は本来、病気をするようにはできていない。

生物の生存原理は、あくまでも

「健康と長寿」である ー

ということになるのです。

『人はなぜ病気になるのか そしてなぜ水で治るのか』

 - 林 秀光著  1992年出版 より

 

今日も最後までお付き合いいただき

ありがとうございます。

 

#水素水#林秀光

 

 

 

 

広告を非表示にする