みなもちゃんと水素職人.com

みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

株式会社ウォーター・インスティーチュートメンバーのブログです

『本好き』

みなさん、こんにちは。

水素職人、さいとうです。

f:id:minamotosuiso:20160518124309j:plain

昨日、水素バカがこんな記事を書きまして、

water-institute.org

あぁ、そうだった。 ストーリーセラーは私があげたんだったっけ。
すっかり忘れていた。 

いや、有川 浩さんは好きですし、作品は忘れていないですけどね。
そういえば、水素バカから「図書館戦争」借りっぱなしで、数年経過しているな、、、

 

まぁ、いいか。

 

 

 

前にかきましたが、

『どっちだったのだろう』 - みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

職人は本が好きでして、子供のころから本は良く与えられておりました。
「本を買う」といえば、お小遣いの上限を超えても大丈夫で、
しかも、本を一切捨てない家でしたので、大量の本が家にありました。
(児童書、まんが、雑誌、新書、文庫、ペーペーバック、学術書、文学、、、)

f:id:minamotosuiso:20160714165509j:plain

 

水素バカ同様にショートショートも好きです。

星 新一さんの作品も子供のころから読んでいまして、
この類が好きですね。

 

有名なまんがですけど、「岡崎二郎さん」の作品も大好きです。

アフター0(ゼロ)って、作品は私の知っているところでは、3回 単行本化されているんですけど、しっかり3回とも購入しました。 

 

原則、SFが好きでして、そこから特撮、それで、科学書って手を広げていったものですね。 

 

 

 

以前、水素バカにこんなことを指摘されてました。
「お前は、ひとまずなんでも読み切るものな。 こんな分からんちんの本でも、良く読めるよな」と。

言われるまで、それがふつうだと思っておりましたが、そうではないそうです。

 

私、一旦手にした本は、一度は読み切りますね。

 

いまでは、内容は全く覚えておらず、話しのネタにしかしませんが、
子供のころ、なぜか家にあった「大菩薩峠」も読み切りました。

 

 

 

SFで、何度も同じ本を買っているってのもあります。 
人にすすめて、あげちゃうからなんですけどね。 


有名な作品ですが、広瀬正さんの「マイナス・ゼロ」は、月並みですけど「騙されたと思って読んでみて」ってして、「騙された!」って苦情は今までないですね。

 

神戸の古本屋で、自分が生まれる前のSFマガジンを見つけて大喜びしたりもしております。

f:id:minamotosuiso:20160825154641j:plain

まだまだ、あっついですけど、暦の上では立秋を過ぎましたので、いちおう秋のはず。

読書の秋。 さて、今日も古本屋に寄って帰るとします。

 

広告を非表示にする