みなもちゃんと水素職人.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

株式会社ウォーター・インスティーチュートメンバーのブログです

『氷』

みなさま、こんにちは。

水素職人でございます。

f:id:minamotosuiso:20160518124309j:plain

さて、昨日のみなもちゃんのご意見、

冷たい飲み物 - みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

 

水素水で氷を作ったら、溶存量はどうなるか? ってことですね。

 

さて、そういえば凍らすまで実験したことはないな。

 

スティックを抜いた後でも、水素はびゅんびゅん飛ぶように抜けていくわけではないってのは、計測したんですけどね。

 

思ったより、ゆっくり抜けて行ってました。
まぁ、安静にしておくことが大事なんですけどね。

 

スティックを抜いた後の水でも、バシャバシャ、ジャバジャバっと衝撃や振動を与えると、抜けやすくなっていましたね。

 

「振動」には、弱い傾向があります。

 

 

さて、こおり、氷、と、、、

 

そもそも、物を冷やすってことは、分子の振動は小さくなるってことです。
で、密度が増してくる。

 

でも、水って凍らすと、体積増えるんですよね。
11分の1くらい、だから水より氷の方が軽くなって、水に浮くし、
でもそのほとんどは沈んでいるから「氷山の一角」なんて表現もされるし。

f:id:minamotosuiso:20160830110836p:plain

 

水分子同志のつながりが、液体の場合の方が強く、分子間が狭いってことなんですけど、凍らすとそれがちょっと離れるか、、、
でも、分子間の振動は少なくなる、、、

 

水素の溶存度は、温度が低くなると増加する、、、

 

 

溶存している気体への影響は??? 

 

やってみないと分からないな。

 

うん、ひとまず実験してみよう。

 

 

広告を非表示にする