みなもちゃんと水素職人.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

株式会社ウォーター・インスティーチュートメンバーのブログです

救いの言葉と、未来へのチャレンジ - 「お笑いイメトレセミナー」 その2 -

こんにちは、みなもです。

f:id:minamotosuiso:20160908170810j:plain

 

さて、引き続き、

「お笑いイメトレセミナー」の

お話しです。

 

生きていくうえで、

本当は、こうしたらよかった と知ると

そうではなかった、過去の自分に対して、

自己嫌悪 という 否定的な感情が、

生まれてしまうことにも、なりますよね。

 

その、マイナス の 感情に対して、

尾崎先生からの、救いの言葉は、

 

過ぎてしまった、間違いに対しては、

向き合うことは、大切だけれども、

間違いと、知らなかったのだから、

許されて、いいのです。

と、-本当は、すごく、簡潔に、一言で

喝破、してくださるのですが(笑)-

 

その、言葉が、凄く心にしみました。

 

人生、そこそこ、歳を重ねていれば、

苦い経験は、いやという程ある訳で、

いまでも、引きずってしまっている、

後悔とかも、あったのですが、

 

上手く、対応できなかった 自分を

責める必要はないのだと、言ってもらって、

とっても、心が、楽になった気がします。

 

そして、未来へ向けては、

自分の可能性を、否定しないこと。

 

「出る杭は、打たれる」 の 諺よろしく、

人と違うことをすると、

“ いじめ ” の 対象になってしまったり、

どうせ、できるはずなんてないと、

他人の、評価を受け入れてしまったり、

日本の社会では、それが 

“ ふつう ” と されてしまいがちですが、

 

生まれてきたときには、

どんな子に育つのか、だれも

その子の未来を、想定できないように、

だれも、他人の、可能性を

否定できる人は、いない ということ。

 

自分の限界を 決めているのは、

自分が、“ できない ” と思う心だということ。

それを、“ できる ” に 換えるには、

できることを、具体的に思い描いて。

イメージし続けながら、

まずは、やってみること。

 

・・・

 

2日間、いい学びを、もらって

ありがたいな~と、

気分よく、朝ご飯を食べていると、

ふと、テレビから流れてきたのが、

某 健康飲料 の CM

「やらんより 

 やって後悔した方が

 マシやで!」

 

 おんなじこと、言ってる!!(笑)

 

日本の社会も、変わっていけるよね!

と、なんだか、すがすがしい気持ちに

なったのでした。

 

今日も、最後までお付き合いいただき

ありがとうございました。

 

 

#お笑いイメトレセミナー

広告を非表示にする