みなもちゃんと水素職人.com

みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

株式会社ウォーター・インスティーチュートメンバーのブログです

甘い飲み物に、ご注意!

こんにちは、みなもです。

f:id:minamotosuiso:20160908170810j:plain

本日 気になったのは

こちらのニュース

headlines.yahoo.co.jp

教育や啓もうでは、

肥満や、糖尿病の問題が

なかなか、改善していかないので、

思い切った施策が、

必用になってきている。

ということでしょうか。

 

公衆衛生の専門家の方が、指摘されるように、

yomidr.yomiuri.co.jp

肥満や、生活習慣病の原因は、

生活全体の中で、いろんな要素が

絡み合っているので、

糖質の多い飲料  や

高カロリーの食品 だけが、

問題なのではないでしょうが、

 

課税で、価格が上がることで、

消費が、抑えられるという

調査結果も報告されており、

一定の効果は、あるようです。

 

日本では、まだそこまで、

“ 肥満 ” の問題が、深刻ではない

との判断か、“ 静観 ” の状態

ということですが・・・。

 

自分は、大丈夫と思っていても、

思っている以上に、糖分を

とっているかもしれません。

 

例えば、よく指摘されている、

「清涼飲料水」だけでなく、

果汁100%だから、安心と 思って、

子どもさんに飲ませている、ジュースにも

思いのほか、糖分が含まれてるので、

注意が必要です。

 

ということで、飲み物の中に含まれる

糖質の量が、どのくらいなのか

ちょっと、調べてみました。

 

ジュースや清涼飲料水の糖質の量は、

栄養成分の表示で「糖質」として、

わかりやすく表示されているものもありますが、

その表示のない場合は、「炭水化物」の量から

計算することができます。

「炭水化物」は、砂糖も含めた糖質の総量を

示しているのです。

例えば、この某メーカーの

『幼児りんご100%ジュース』の場合

f:id:minamotosuiso:20161018213634j:plain

100mlの中に、12.9g の「炭水化物」

が含まれているので、

100ml入りの、このジュース1個の糖分は

12.9g ということになります。

これが、容量500mlの、

ペットボトル入の製品だとすると、

12.9×500÷100=62.5 

ペットボトル1本に、65.5g の

糖分が含まれている、ということになります。

1個4gの角砂糖で置き換えると、

100mlで、3個

500mlでは、16個にもなります。

 

普通、ティカップ1杯もない水に

角砂糖3個も溶かして飲もうと思ったら

甘すぎて、飲めないですよね?

でも、酸味があったり、温度が低かったりすると

舌がごまかされて、飲めてしまうのが、

甘い飲み物に隠された “ 怖さ ” と

いえるのです。

 

みなさんも一度、普段口にしている、

清涼飲料水等に含まれる、糖質の量を、

確認してみてください。

「スポーツドリンク」や「野菜ジュース」などにも、

結構な量の糖質が含まれていることに、

驚かれると思います。

 

こうして調べると、たまに飲むのは

いいとしても、毎日のように

ジュースや、清涼飲料水を飲むのは、

考えないといけないと、わかりますよね。

 

そういう、みなもも、子どもが小さいとき、

“100%ジュースだから、大丈夫!”

と、結構飲ませていたので、

今となっては、冷や汗ものなのですが・・・。

 

あまり、神経質になりすぎて

ストレスになるのも、よくないでしょうけれど、

ジュースを沢山のんだら、甘いお菓子は

止めておくとか、バランスを考えながら

少しずつでも気を付けていけると、いいですね。

 

ちなみに、「水素水」を、愛飲していただいている、

お客様からは、

「子どもが、水素水を飲むようになってから、

ジュースを、あまり欲しがらなくなりました。」

という、お声をいただくことがあります。

 

子どもは、大人より、より本能的に

“「水素水」が美味しい ” と、

感じているのかもしれませんね!

 

今日も、最後までお付き合いいただき

ありがとうございました。

 

#水素水#飲料の糖分#炭水化物#100%ジュース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする