みなもちゃんと水素職人.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

株式会社ウォーター・インスティーチュートメンバーのブログです

ホタルブクロ(蛍袋) -今日の誕生花ー

こんにちは、みなもです。

f:id:minamotosuiso:20161107155546j:plain

今日、11日21日 の 誕生花は、

ホタルブクロ(蛍袋)です。

キキョウ科 ホタルブクロ属

別名:チョウチンバナ(提灯花)

学名:Campnula punctata

f:id:minamotosuiso:20161121163030j:plain

 原産地:東アジア(日本を含む)

花言葉:正義・誠実・愛らしさ・忠実

 

名前の由来は子供がこの花でホタルを

包んだから、提灯の古名「火垂る袋」が

転じた名前、など諸説があります。

日本に広く自生して古くから親しまれて

いるだけに地方ごとの呼び名も多く、

トーローバナ、チョウチンバナ、

チョウチン、フクロバナ、ツリガネソウ

などの別名があります。

ホタルブクロとは|ヤサシイエンゲイ

 

ホタルを中にいれて、花びらから

淡い光が透けて見える様を想像すると、

となりのトトロ』のシーンの中にでも

出て来そうな、優しい世界観が感じられて、

なんだか、あたたかい気分になります。

 

ちなみに、「ツリガネソウ」(釣鐘草)

という呼び方もあるということで、みなもは

この呼び名の方に、なじみがあるのですが、

厳密には、同じく、キキョウ科 ホタルブクロ属

でありながら、花の咲く向きが、上向きなのが

「ツリガネソウ」

学名:Campanula medium

なのだそうです。

f:id:minamotosuiso:20161121191623j:plain

原産地:南ヨーロッパ

花言葉:感謝・誠実・抱負・おしゃべり

 

外観からか、花ことばも若干

“ 上向き ” なところが、面白いですね。(笑)

 

どちらの学名にもある

“ Campanula ”(カンパニュラ)は

ラテン語

“ Campana ” (カンパーナ)= 鐘 

からきており、

花の形を象徴しているのは、明らかですが、

古来から日本に自生していた「ホタルブクロ」

の方が、見た目にも、より釣鐘に似ているのを、

“ 蛍袋 ” と名付けたところは、自然の中で、

草花や虫と身近に生活してきた、古の

日本人の情緒が感じられるように思います。

 

今日も、最後までお付き合いいただき

ありがとうございました。

 

#誕生花#ホタルブクロ#ツリガネソウ#水素水#サイモン#二代目水素バカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   
広告を非表示にする