みなもちゃんと水素職人.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

株式会社ウォーター・インスティーチュートメンバーのブログです

「マスター・キイ」を見つけた! -秀光博士の思いー

こんにちは、みなもです。

f:id:minamotosuiso:20161107155546j:plain

 

今日は、秀光博士の言葉 から

博士が「水」の研究を始められた当初の

“ 思い ” を、ご紹介したいと思います。

f:id:minamotosuiso:20160819132702j:plain

 

- 何百さらには何千という部屋数を誇る

巨大ホテルといえども、それらすべての客室を

開けることのできる、たった一コの「鍵」

すなわちマスター・キィというものがあります。

 これと同じように、あらゆる病気の問題を

解決することのできる、たった一つの「鍵」

ともいえるものはないのだろうか。

・・・

 理想をいえば、すべての病気を未然に防ぐことの

できる手だてはないものか。

 医学部を卒業し、やがて大学院を終了するころに

なると、私の「夢」はますます大きくなっていく

ばかりでした。臨床医としての経験を積むにつれ、

日々の診療行為の中で、「どうもおかしい、

なんだか変だ」という思いは深くなるばかりでした。

 といいますのも、一方では医学進歩の勝利と

謳われる新技術、新研究の発表がなされるのに反し、

他方では有病率の増加、医療費の増大が叫ばれる

ようになってきているからです。

 ・・・

 私は祈りにも似た気持ちで、「夢の鍵」の発見を

願うようになっていきました。

 ・・・

 アメリカの高名な医学者ルイス・トーマス博士は

「あらゆる病気には、たった一つのキイ・メカニズム

がある。それを見つけ研究することによって、

病気というものをコントロールできるのだ」と

のべています。

 私は、今では次のように考えるようになりました。

 人類がこれまで認知しえた無数ともいえる天体の中で、

生物の生存が確認されているのは、私たちの住む

「水の惑星」地球だけである。

 そして、「水ー液体、個体、気体の三相を自由に変化する」

の存在が確認されているのも地球だけである。

 したがって、地球上の「水」の存在が生物の誕生を

もたらしたといえる。

 哲学的にいうなら「水」が変転、進化して「生物」になった

ということもできよう。

 とするなら、虚心坦懐に考えて、

 水が生物の健不全の鍵を握っている。

 水が生物の生殺与奪の権を握っている。

 ・・・

 ところが、、まことに不思議なことに、まったく

滑稽なことに、そして何よりも極めて不幸なことに、

人類は水を無視し続けてきたといわざるをえない。

 人類が求め続けてきた「青い鳥」は水だったのだ。

 人類が探し続けてきた「不老長寿の鍵」は水だったのだ。

 私が夢見続けてきた「ゴールデン・マスター・キィ」とは

なんと「水」だったのだ。

 ・・・ -

["小さな水″ があなたを救う』 林秀光著

 平成3年4月 KKロングセラーズ

「まえがき」 より

 

 

「水」の研究は、まだようやく光が当たり始めたところ

といえるでしょうか。

「青い鳥」がもたらしてくれている “ 幸運 ” を

しかりと、見極めていかれるよう願っています。

 

今日も、最後までお付き合いいただき

ありがとうございました。

 

#水素水#林秀光博士#水の研究#サイモン#二代目水素バカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする