みなもちゃんと水素職人.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

株式会社ウォーター・インスティーチュートメンバーのブログです

『ステック式水素水にはビンは不向き』

ペットボトル 今日の職人 みなさんへのオススメ

みなさま、こんにちは。

職人でございます。

f:id:minamotosuiso:20160913121632p:plain

 

気付けば新年かけてから
いまさら、最初のブログ更新です。

 

出遅れた感がありありですが、

遅れついでで1記事。

minamotosuiso.hatenablog.com

 

昨年最後の記事で、「ワインで水素を発生させた」を
とりあげました。

 

そのまま、正月休み明けに、
机の上に置いていた実験で使用したビンを取り上げると、

 

 

なんと、

f:id:minamotosuiso:20170111162936p:plain

ひび割れていましたね(鉛筆の指し示す箇所)。

 

 

 

 

もちろん実験前には傷一つない状態でした。

 

 

実験後は、水素発生パックは抜いておいてありましたので、
休み中に発生したわけでもありません。

 

 

24時間水素発生をさせている間、

f:id:minamotosuiso:20161229051951j:plain

f:id:minamotosuiso:20161229051044j:plain

 

たくさんあふれたなぁ なんてのんきに構えていましたけど、
「ヒビがはいったから、そこから溢れていた」が正解でした。

 

 

硬いビンですと、大量に発生する水素に耐えきれない場合
やはりヒビ割れるのです。

 

 

 

お客様には原則ペットボトルの使用を推奨しております。
願わくば「炭酸水(無糖)のペットボトル」

 

それは、林博士が「安価で誰にでも手軽に水素水」を目指した結果でもありますが、
ペットボトルは内圧に耐える構造になっているからでもあります。

 

絶えず水素が発生し続ける「みなもと」は、
ガラス瓶ではなく、ペットボトルでご利用くださいね。

 

 

 

 

広告を非表示にする