みなもちゃんと水素職人.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

株式会社ウォーター・インスティーチュートメンバーのブログです

出展してみないとわからない -展示会で学んだ事-

こんにちは、みなもです。

f:id:minamotosuiso:20161107155546j:plain

今日は、神戸もとても気温が低く

寒いというより

冷たい!!

と感じるくらいだと思っていたら、

午後からは、雪が降って、風も強く、

しばらくの間は、少し吹雪いていたようです。

先日は、北海道にお住いの、お得意様からも、

「50年ぶりの大雪で」とのお話しがあり、

今年は、厳しい寒波に見舞われる日が

多いように思います。

 

さて、そんな厳寒期の中、

先週木曜日に開催された、

「2017 ひょうご・神戸合同商品展示会」

は、雨の予報にも関わらす、幸いにも

比較的暖かい、穏やかな日和で、

多くの方にご来場いただき、

盛会のうちに終了することができました。

 

とはいえ、

「二代目水素バカ」

water-institute.org

や「水素職人」からも

minamotosuiso.hatenablog.com

お話ししていますように。

初めての展示会出展ということもあり、

反省点は、沢山 あります。

 

ブースの展示自体は、最終的には

なかなか、いい出来になりました。

レンタル機器の不備で、

代替品との2台になったモニターを

どうするか とか

テストでは、ちゃんと映ったのに

いざ本番で、接触不良をおこして

映像が映らなくなったり、とか

想定外のバタバタは、あったものの、

「水素職人」が最初に、

シュミレーションしていた配置に

ほぼ収まり、壁面中いっぱいに

『みなもとスティック』のパッケージを

貼り付ける作戦は、他のブースにはない仕様で、

ブースに立ち寄られるまではなくても、

「なんだこれは?!」(笑)

という驚きで、多くの方が

目に止めてくださっていたように思ます。

ただ、限られたスペースでの展示で、

制約はあるとしても、

商品自体がどんなものか を

もう少しわかりやすく展示する工夫が、

必用だったという反省点は、今後に

生かしていかなくてはなりません。

 

また、肝心のお客様への対応はというと、

やはり、先日の国民生活センターの発表” 

影響しているのでしょう。

「水素水」って、効かないんでしょう?

という、ご質問や、中には あえて、

「水素水」って何に効くの?

と聞かれる方など。

相手の方の、意図を考えながら、

お話しするのに、神経を使いました。

 

そして、一番難しく感じたのは。

「水素水」製品の中で、

「みなもとスティック」の優位性を

いかに、お伝えするか

ということです。

 

スティックを入れて、パンパンになった

ペットボトルを沢山用意して、

普通の水だけが入ったペットボトルと

持ちくらべてもらって、

“ さわってわかる 水素水 ” 

という、キャッフレーズでアピールすると、

その違いに「水素」が発生している ことは

理解してもらえるのですが、

価格や、作るのにかかる時間 の面では

優位性を、簡潔にお伝えすることが、

十分でなかったように思います。

 

お客様一人一人の、生活の様子などをお聞きして

使い方の想定などを、お話しできるといいのですが、

短時間で、印象付けるのが難しく、

今後の課題として、取り組んでいきたいと思います。

 

他にも、他社のブースを見て回って感じたことなど、

いろいろと気づかせもらい、

出展者として取り組んだことで、

展示会に対する意識が

大きく変わったように思います。

 

さあ、今週はもう、来月頭から実施する

キャンペーンの準備が始まっています。

学んだこと、気付いたことを糧に

前に進みます!!

 

それにしても、準備を含めて

朝から夕方まで、ほぼ立ちっぱなしで、

ちょっとは疲れはしたものの、

案外平気でした、これも、

水素水の、お・か・げ

ですね (笑)

 

今日も最後までお付き合いいただき、

ありがとうございます。

 

#水素水#展示会#サイモン#二代目水素バカ#水素職人

広告を非表示にする