みなもちゃんと水素職人.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

株式会社ウォーター・インスティーチュートメンバーのブログです

『ペットボトルの行方』

みなさま、こんにちは。

水素職人、さいとうです。

f:id:minamotosuiso:20160518124309j:plain

さて、先の記事で、
実験仕様のボトルを整理しまして、
大量のスティックを一本の大きなボトルに入れたのです。

『おおきな、ノッポのペットボトル』 - みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

f:id:minamotosuiso:20160712133146j:plain

こうやって、スティックを整理すると、

同時に、大量の空きペットボトルが発生するわけです。

f:id:minamotosuiso:20160712135836j:plain

後ろに映っているごみ袋もいっぱいです。

これね、回収日にひょいっと捨てれればいいんですけど、
回収をお願いするのにも、またコストがかかるんですよね。

 

なので、何か利用できないかな?と
ペットボトルDIY なんてググってみました。

 

やはり、植物のプランターとか、小物入れとか、「入れ物」としての
活用法が目立つ中、こんなのもありました。

f:id:minamotosuiso:20160712140256j:plain

これね、ランプシェードだそうで、
大小さまざまなペットボトルの底を、切ってつなげているそうです。

 

んんー、若干の気持ち悪さもあるが、切り貯めて作ってみるか。

底を切れば、残った部分も潰しやすくなりますしね。

 

いつ完成するか? 果たして完成するのか?は分かりませんが、
もし、出来上がったら、このブログで紹介しますね。

広告を非表示にする