みなもちゃんと水素職人.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

株式会社ウォーター・インスティーチュートメンバーのブログです

『水酸化マグネシウム』は、心配ないの?

こんにちは、みなもです。

f:id:minamotosuiso:20161107155546j:plain

今日は、お客様から

『水酸化マグネシウム

について、

お問い合わせをいただきました。

 

『みなもとスティック』で、

「水素水」を作る仕組みは、

スティックの中に封入している

マグネシウム』と水を反応させて

水の中に「水素」を発生させる

というものです。

 

化学式で書くと  

    Mg + 2H2O → Mg(OH)2 + 2H

金属マグネシウム   水              水酸化マグネシウム  水素

                        ↓

                Mg(OH)2 + H2 ↑

                水酸化マグネシウム  水素

 

となります。

 

ごらんの通り、このしくみでは

「水素」を発生させる “ 副産物 ”  として

『水酸化マグネシウム』ができてきます。

 

よく、「水素水」についての情報で、

マグネシウムを利用したスティックは、

水酸化マグネシウムができるので、

「高マグネシウム血症」の心配がある。”

ということを、見聞きすることがありますから、

 

「大丈夫なんだろうか」と

不安になられるのも、わかります。

 

では、この

『水酸化マグネシウム』とは

どんな特徴のあるものなのでしょう?

kotobank.jp

“「マグネシウム」の水酸化物 ”

といわれても、あまり、ピンときませんよね(笑)

 

身近なところでは、

下剤や、制酸剤 として

医療にも用いられているのです。

 

心配とされる「高マグネシウム血症」は

マグネシウム含有製剤または食品を摂取している

 腎不全患者に起こる。

腎臓の機能が正常な人に起こることはない ー

 高マグネシウム血症 - Wikipedia

 

 ということですから、

健康な人にとっては、心配のないものです。

 

といわれても、やっぱり、

摂り過ぎは、よくないんでしょう・・・?

「水素水」を飲み続けていても、

摂り過ぎにはならないの?

 

っていう、不安もありますよね。

そこで、次回は、

「水素水」を飲み続けると、どれくらいの

マグネシウム」が体内に入るのか

について、お話ししたいと思います。

 

今日も、最後までお付き合いいただき

ありがとうございました。

 

マグネシウム#水酸化マグネシム#高マグネシウム血症#水素水

#サイモン#二代目水素バカ

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする