みなもちゃんと水素職人.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

株式会社ウォーター・インスティーチュートメンバーのブログです

資源としても心配はありません。-「マグネシウム」は無くならいの?-

こんにちは、みなもです。

f:id:minamotosuiso:20161107155546j:plain

2回にわたり、「マグネシウム」について

お話ししてきましたら、ありがたくも

「二代目水素バカ」も、“ 生き証人 ”として、

フォロー記事をアップしております。

水素水ってどない? 其ノ38『みなもちゃんのマグネシウムブログを勝手に続けてみた…』 – 【二代目水素バカ】林健司のブログ

 

今日は、しめくくり という程でもないですが、

やはり、お客様からのお問い合わせに

お答えした内容を、お話ししたいと思います。

 

ご質問の内容は、

-「マグネシム」は、資源として

無くなったりすることはないのですか?-

ということでした。

 

長年、ご愛用いただいている、

お客様ですので、もし

マグネシウム」が、足りなくなったら

「水素水スティック」が、作れなくなって

しまうのではないかと、

ご心配いただいたのです。

 

まず、結論からいいますと、

“「マグネシウム」が、足りなくなる? ”

という心配は、しなくて大丈夫です。

 

先日も、引用しました

『元素111の新知識』桜井 弘 著

講談社 ブルーバックス によりますと

「・・・マグネシウムは単体として天然

には産出しないが、塩類や岩石として

自然界に多量に分布し、地殻の金属元素

としては六番目に多い。海水、動植物

にもふくまれる。・・・

 金属マグネシウムは熱還元法と電解法で

製造される。・・・・・電解法では、

塩化マグネシウム(MgCI2)が電解により

塩素と金属マグネシウムに変わる反応を

利用する。

 塩化マグネシウムは海水中に濃度0.13%

でふくまれる。金属マグネシウムを毎年

1億トン、100万年にわたり海水から

生産しても、海水中のマグネシウム濃度は

0.01%減るにすぎないといわれている。

・・・」 

とあります。

 

海水からできるということは、いわば

無尽蔵にある、ともいえますから、

それこそ、地球的な規模での天変地異でも

起こらない以上は、無くなりそうには

ありませんね!(笑)

 

ちなみに、世界のマグネシウム総生産量は

2014年の統計で、1,039,000トン 

そのうち、需要量は、 828,000トン

日本の需要量は、    40,476トン

だそうです。

http://mric.jogmec.go.jp/public/report/2015-11/29_201511_Mg.pdf

JOGMEC 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構 金属資源情報

 

この数値からみても、

「水素水スティック」に使用する

「マグネシム」の量が、供給量に

影響を与えることはない。

といえますね!

 

さて、これまでお話した事で

みなさまの、

“「マグネシウム」に対する不安 ”

は、解消されましたでしょうか?

みなもも改めて、

“「マグネシウム」って、どんなもの ”

ということを、確認することができました。

 

安全で、簡単で、経済的に

「水素水」生活を、実現していただくために、

マグネシウム」を利用した「水素水スティック」が、

これからも、みなさまのお役にたてますように、

さらに、製品の向上に努めていきたいと

決意を新たにしております。

 

 

今日も、最後までお付き合いいただき

ありがとうございました。

 

マグネシウム#水素水#水素水スティック#サイモン

#二代目水素バカ

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする