みなもちゃんと水素職人.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

株式会社ウォーター・インスティーチュートメンバーのブログです

『クセをなくす。 それって いい事、悪いこと??』

みなさま、こんにちは。

職人でございます。

f:id:minamotosuiso:20160913121632p:plain

 

さてさて、

 

クセのある人物のほうが印象に残りやすい、
なんて事もありますが、そのクセが鼻につくってこともあるようで、

でも、逆に なにもない人は、あとから思い出しても、
印象に残らなかったり、「いい人」とだけ
評価されてしまったりで難しいようですね。

 

 

 

さて、今日のお話は実験のこと。

 

お酒実験を続けておりました。
今まで、ウイスキー、日本酒と行いまして、
総じて、「すっきり」 「飲みやすい」といった感想を得ておりました。

 

で、今回は 特徴といいますか、クセのある

「ワイン」 と 芋焼酎 でもやってみたところ、
こちらもガラリと変わりました。  

いままでと同じく、「すっきり」 「飲みやすく」なりました。
いい意味で捉えれば、「万人向け」になりました。

でも、原酒にあった「特徴」も消えちゃっているかなってのが
感想です。

 

それでは実験の様子をどうぞ、

 

f:id:minamotosuiso:20161229051055j:plain

今回の候補は、
ボジョレヌーボ」 と

芋焼酎黒霧島 でございます。

 

 

 

でこれらに「職人特製水素パック」を入れまして、

f:id:minamotosuiso:20161229051052j:plain

しっかりパッキンを利かせて、封をします。 
いつもと同じように、なるべく条件をそろえるべく 右側には水素パックなしも各々用意します。

 

これで、24時間経過させるわけですが、
上の写真、一番左のビンを見ていただくと、
開始1分少々で、ワインが漏れ始めてますね。 ワインの酸度ってのは侮れないです。

 

 

f:id:minamotosuiso:20161229051048j:plain

f:id:minamotosuiso:20161229051013j:plain

10分もしないうちに、どんどん溢れてきます。

f:id:minamotosuiso:20161229051033j:plain

もちろん、焼酎も あふれてきましたよ、比較すればちょっとだけですけどね。

 

 

 

 

f:id:minamotosuiso:20161229051951j:plain

で、こんな風に流れ始めまして、
「これで、ワインの水位もだいぶビンの口元より低くなったから、
漏れも止まるだろう」と思っていました。

 

ところが、

翌朝になると、

f:id:minamotosuiso:20161229051041j:plain

どこぞの『現場写真』みたいになっていました。

 

あふれ出したワインは、

f:id:minamotosuiso:20161229051044j:plain

「1/3近くなくなってるやん」
「試飲する分あるか??」

 

 

さてさて、
なんとか、試飲は出来ました、

 

 

ボジョレヌーボ」 

は、

酸味が和らぎというか、かなりなくなり、スッと飲める印象になりました。
とても、飲みやすいのですけど、
渋み、甘みなど、「味の情報」が少なくなった感じが否めません。

 

芋焼酎黒霧島

は、

割と節操なくお酒をたしなむ職人です。 
醸造酒より蒸留酒のほうが好みではありますが、
実は職人、「芋焼酎」が苦手でございます。

特徴のある香りが、ちょっと、、、どうも、、、って感じです。

で、

この「水素芋焼酎

私は 「とても飲みやすい!!」と感じました。
香りが程よく、しかし蒸留酒であるキックバックはしっかりとあり、
なにより「のみやすい」!!

 

でも、「これってなに焼酎?」って聞かれるかな?
「うん? これ水割りじゃないよね?」って思われるかな?
と、『芋焼酎』のクセが好きな人たちには不評になるかもか?

ってことも思いました。

 

 

お酒は嗜好品ですから、好みがあります。
スッキリを好む人、飲みやすさを好む人。
ガツンと来てほしい人、クセごと呑む人。

 

どうも、水素を発生させると、
「スッキリ」「飲みやすい」傾向があるのは確実でございます。

 

ちょっと、発展(ワルのり)させて、来年も観測を続けてまいりますよ。

 

 

 

広告を非表示にする