みなもちゃんと水素職人.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

株式会社ウォーター・インスティーチュートメンバーのブログです

私たちにできること

こんにちは、みなもです。

 

前回お話しした、「水素水」に対する 評価 について。

いいたいことが、沢山ある っていましたよね。

 

「水素水」の研究を始められた、秀光博士には

大きな理想がありました。

それは、

「あなたが、毎日元気で生活できるようになったら、

国民全体が、もっと幸福になりますよ!」

ということ。

 

話しが、大きくなりましたが、

いいたいのは、このこと

 

「平成26年度の医療費は、前年度に比べて約0.7兆円増加し、

40.0兆円(39.9556兆円)となった。

http://www.mhlw.go.jp/topics/medias/year/14/dl/iryouhi_data.pd

 

これだけ医療費をかけても、

「健康」に対する不安が、なくなっていっている

という訳ではありませんよね。

 

毎年、健康診断を受けていたとしても、

それだけで、予防にはなりませんし、

定期的に検診を受けていたのに、

ガンに罹っていたのが分からなかった、

なんて話もよく耳にします。

 

もちろん、健康診断が病気の早期発見に

役立っているのはわかりますし、

生活習慣病にならないよう、注意する

きっかけとかにはなるとは思います。

 

でも、本当は初めから病気にならないのが

一番いいに決まっています。

 

簡単で、経済的に予防ができたら、

病気で苦しむ人が減るのはもちろんですが、

財政を圧迫している「医療費」も削減されて

その代わりに、

保育園を増やしたり、福祉の対策を充実させたりに、

もっと費用をかけられるようになりますよね!?

 

もちろん、秀光先生は

そんなことが 簡単にできる とは、

考えていられなかったと思いますが、

国民ひとりひとりが、

“自分の体は自分で守る”

という意識を持ってほしいと

願っていられたということを

ここに記しておきたいと思います。

 

 

今日も最後まで読んでくださって

ありがとうございます。

 

広告を非表示にする