みなもちゃんと水素職人.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなもちゃんと水素職人のみなもとダイアリー

株式会社ウォーター・インスティーチュートメンバーのブログです

『冷房って、』

みなさん、こんにちは。

水素職人、さいとうです。

f:id:minamotosuiso:20160518124309j:plain

 

さて、この3連休いかがお過ごしでしたか?

わたしは、半仕事、半レクで関空から京都あたりをうろついておりました。

 

祇園祭真っ最中だというのに、目もくれず
新しい人との出会いに感謝しておった週末でした。

 

で、知り合いの方につないでいただいて
とある場所でお茶を点てていただいたのですけど、

 

「京都でお茶」って、字面をみても「ハードル高い!」って印象を
自分でも思ってしまう事なんですけど。

 

事実はまったく逆でして、
本当に、我が人生で
「こんなに、穏やかな時間を過ごしたことは無い」って
くらい、素敵な体験でした。

 

特別な茶室ではなくて、古民家でして、
お庭と、縁側と、畳と床の間、それとお香。

「あぁ、にっぽん てこんなよね」と感じる空間、時間。

 

 

f:id:minamotosuiso:20160719130752j:plain

 

 

 

そこで、他愛もない会話をしながら、お茶をいただきました。

 

たまーに鳴る、鉄風鈴。

笑っている友人たち。

ようやく明けた梅雨。

 

なんとも、贅沢な一時でした。

 

 

で、

その間、ずっと冷房がなかったんですね。
この、ご時世、どこ行っても、ガンガンに効いている冷房と
一時離れたわけですけど。

 

それも、良い。 いや、それが、良い って感じでした。

 

私、基礎代謝が高く、暑がりの、汗っかきですので、
普段は、冷房の効いたところにいるのですけど。

 

「あ、夏って 冷房無くても過ごせるんだよね」って再認識しました。
子供のころは、冷房なんかは座敷くらいにしかなかったですからね。

 

で、今日の本題。

 

私は(わが社では)、普段飲んでいる水素水は「常温」です。
もちろん、冷蔵庫はありますが、主に入っているのは、
イオン交換樹脂 とか、セラミック とかです。

 

水温は25度くらいですかね、事務所に冷房は効いてますから。

 

あっつい中、「つめた~い」ものを飲みたくなる気は十二分に理解できますけど、
あんまり、急激におなかをひやしても体に毒って言いますしね。

 

ゆっくり飲めて、やんわりしますよ。 常温の水素水ってのも。

 

なにぶん、梅雨明けと共に猛暑日が続いていますので、
水分補給が大事です!!

 

冷えてないから、飲みたくない ってならないように、
ぜひ、常温水素水 試してみてくださいいね。

広告を非表示にする